トランスミッションノイズをミュートにする - KISSsoftとRecurDynによるe-Drive設計

日付 2022年11月22日
場所
オンライン
言語 英語
Level ベーシック
加工 デザインソフトウェア
提供 KISSsoft AG, FunctionBay GmbH
Price Tags Free of Charge

トランスミッションノイズ

をミュートにする


トランスミッションノイズをミュートにする - KISSsoft & RecurDyn でのe-Drive設計 (11月22日)

電気自動車は、2050年までに全自動車の70%を占めると言われています。その振動・音響特性のためには、特定のe-driveトランスミッション設計によって引き起こされる車両の加振を最小限に抑えるための、深いNVH解析が鍵となります。


このライブセッションでは、KISSsoft AG & FunctionBay GmbHが、e-driveシステムで使用されるギヤボックスのNVH挙動を設計、解析、最適化するための共通かつ継続的なソリューションについて紹介します。

ワークフローは、KISSsoftソフトウェア環境内のベーストランスミッションレイアウトから始まります。その後、関連するすべてのシステムのたわみを考慮した強度・応力解析が行われます。マクロおよびミクロのジオメトリーサイジングは負荷歯当たり解析(LTCA)により行われます。全体的な効率計算の後、システム全体の動的挙動(モード解析と強制応答)が評価されます。最後に、計算された荷重ファイルとすべての関連する幾何学的な情報は、KISSsoftからFunctionBayのMBD - RecurDynソフトウェアに転送されます。

RecurDynでは、KISSsoftから提供されたデータを基にNVHシミュレーションモデルが自動的に生成されます。このモデルには、柔軟性のあるハウジング、事前に計算された荷重、システム内部の質量分布を表すすべてのコンポーネントが含まれています。また、必要なシミュレーションも自動的に実行されます。計算された実効放射電力(ERP)、音圧レベル(SPL)を評価したり、関連するキャンベルチャートなどを検査して、音響のポスト解析を実行することができます。最適化ループが必要な場合、KISSsoftでギヤ設計を調整し、RecurDynで新しい計算荷重ファイルを更新するだけで、上記の連続したワークフローを短縮することが可能です。

e-driveの設計する方法について学ぶ、この機会をお見逃しなく。

参加者のデータは機密情報として扱われ、公開されることはありません。参加は無料です。

 

2022年11月22日

英語 - セッション 1
JST 05:00 - 06:30 pm (Tokyo)
CST 04:00 - 05:30 pm (Beijing)
CET 09:00 - 10:30 am (Brussels)
EST 03:00 - 04:30 am (New York

登録

 

英語 - セッション 2
JST 11:00pm - 12:30 am (Tokyo)
CST 10:00 - 11:30 pm (Beijing)
CET 03:00 - 04:30 pm (Brussels)
EST 09:00 - 10:30 am (New York)

登録

 

受付は1時間前に終了します。