グリーソンセミナー2021オンライン

日付 2021年12月10日
場所
Gear Trainer ウェビナー
言語 日本語
Level ベーシック
加工 ホブ加工, パワースカイビング, ギヤシェーピング, 創成歯研, ギヤホーニング, 面取り・バリ取り, レーザー測定, 噛み合い試験, デザインソフトウェア
提供 Gleason
Price Tags 参加無料

KISSsoft/KISSsysへの手引き:
My First Gear & Transmission
10:00 - 12:00 

My First Gearのセッションでは、KISSsoftの基本機能、ユーザーインターフェース、構造、簡単な操作方法について説明します。要求された性能仕様に基づいて、中心距離やモジュールなどの重要なデータを決定し、選択されたギヤデザインを強度や効率などの評価基準で最適化し、ソフトウェアを用いた初めての歯車設計をデモします。

My First Transmissionのセッションでは、KISSsysでギヤボックスモデルの作成をデモンストレーションします。ギヤ、シャフト、ベアリングなどの幾何学的な定義、負荷スペクトルを考慮したシステム内のコンポーネントの強度計算、さらに、特定事例に対するギヤボックスの効率と熱解析を行います。

この機会に、ぜひKISSsoft/KISSsysの世界を体験してください。

 


e-Mobility Gear Solutions
13:00 - 15:00 

時代が変わり、トランスミッションも変わります。モビリティにおけるeトランスフォーメーションは、高効率のドライブやトランスミッションを製造するすべてのメーカーに、新たな課題をもたらしています。モーターの低騒音化により、トランスミッションの騒音、振動、ハーシュネスがこれまで以上に顕在化しています。完全に静かなギヤには、NVH特性に適応した品質管理のもと、最適なギヤ設計と製造プロセスが求められています。このセッションでは、eモビリティへのパラダイムシフトにおいてグリーソンが提案する歯車の設計、製造、検査、解析の最新歯車技術について解説します。2021年のGear Trainerウェビナーシリーズの総括としてライブ配信します。

トピック:

  • eトランスフォーメーション: 新しいモビリティコンセプトとトランスミッション
  • クローズドループ: e-driveギヤデザインと製造プロセスチェーン
  • e-driveギヤの設計ソリューション
  • ソフト加工: ホブ、シェーピング、パワースカイビング
  • ハード加工: ホーニング、研削、ハードパワースカイビング
  • 検査・解析: うねり解析、SFT、SBN – より静かなギヤを目指して

Gear Trainer ウェビナーでは、かさ歯車と円筒歯車の製造技術に関する様々なトピックを取り上げます。ギヤとトランスミッションの設計とシミュレーション、ソフト加工とハード仕上げ加工、測定、工具、治具、ソフトウェア、4.0生産システムなどが含まれます。ウェビナーでは、ソフトウェアのライブデモや工程デモンストレーションなど、さまざまなメディアを組み合わせて開催されます。Gear Trainer ウェビナーは、歯車技術の専門家がライブで司会を務め、リアルタイムで質問ができるようになっています。30分間で、歯車の専門家がトピックの核心に迫り、Q&Aセッションでご質問に回答します。

Gear Trainer ウェビナーの参加データは機密保護されており、公表されません。ウェビナーへの参加は無償となります。

 

日本語 

日本時間 10:00 - 15:00 登録

受付は開始1時間前に終了します。